密にならない校内周遊謎解きキット「校舎に散らばる宝物」

校内周遊型謎解きキット「校舎に散らばる宝物」学校イベント・レクリエーション用コロナ対策

コロナ等の感染症対策を組み込んだ学校レクリエーション用

密にならない校内周遊型謎解きキット「校舎に散らばる宝物」は、「密にならない」をテーマに制作いたしました。

 

「密にならない」だけでなく、「接触しない」「大声を出さない」こともルールに組み込んでおり、そのことを忘れると最後の謎が解けません。

コロナ対策のために「密にならない・接触しない」をルール化していますが、謎解きゲームの内容は、学校むけの非常に面白い仕組みになっています。

 

ほとんどの部分が、校舎を周遊しながら謎を解いていただきます。

密にならない様に各教室に入れるチーム数を制限されます。

それにともない、各教室に掲示する手がかりも、複数チームが集まらない様に複数枚を掲示していただける様にしています。

 

その他、多くの「密にならない」対策を設定しています。(下記にてご紹介)

 

校内周遊型謎解きキット「校舎に散らばる宝物」学校イベント・レクリエーション用コロナ対策

「校舎に散らばる宝物」のシナリオ設定


▶︎ シナリオ

「みんなで集まれない」「触れ合うことができない」「大きな声が出せない」など、制限がかけられた世界。

そんな中、みなさんは先生からある指示を受ける。

 

「謎を解きながら校内に散らばる宝物をかき集めてくる様に」

 

その”宝物”が何なのかがわかればクリアです。

重要なルールは次の通り。

  • 固まって大声で話さない
  • 盛り上がったり嬉しくてもハイタッチや握手なども含め、絶対に触れ合わない
  • 各教室や部屋に入れる人数は決められている通りにすること

▶︎ 最後の答え

最後の答えは「思い出」になる様に作っています。

先生が校内でかき集めて来て欲しかった"宝物"は「思い出」となる設定です。

 

▶︎ 隠しメッセージ

すべての謎が解けたチームに伝えられる「最後の手がかり」を使って謎を解くと、自由にお決めいただく隠しメッセージが読める様になっています。

ゲームの構成について


▶︎ 謎の問題数

スタート謎:1問(体育館で解く)

小謎:11問(各教室を周遊)

大謎:2問

密にならない校内周遊型謎解きキット「校舎に散らばる宝物」構成について 学校イベント・レクリエーション用コロナ対策

「密にならない・接触しない」の仕組みとは


  • 1チーム4名まで
  • チーム内でも用紙を共有しない
  • 複数名で触れる可能性のあるアイテムは組み込まない
  • 校内の指定の場所を周遊する1箇所に留まらない仕組み
  • ひと部屋に複数チームが集中しない仕組み
  • 他のチームとなるべく会わない仕掛け
  • チェックポイントでの回答も口頭ではなく記入したものを見せる など…

 

オリジナル箇所


  • 校内の周遊する部屋を各校に合わせて「ヒント」や「イラスト」で表現
  • 全ての謎が解けると読むことができる隠しメッセージ(文字数未定)

所要時間・対象年齢


想定所要時間:60分で半数チームクリア途中でヒントを出していただくことでクリア率を上げていただけます。)

対象年齢:小学校高学年〜大人 

料金


<校内周遊型謎解きキット 料金>

70,000円〜(税・送料別)

※50名までの料金です。

 

追加 50名 キット(計100名まで):5000円

追加 100名 キット(計150名まで):8000円

追加 150名 キット(計200名まで):10000円

 

※印刷料金込み・税別・送料別(950円)

 

上記以上の人数は応相談

 

 

▶︎ 学生さん応援キャンペーン!!

また、コロナ禍で様々な学校イベントやレクリエーションが中止になっているという状況を鑑み、2021年1月15日までのご注文(ご入金まで)に限り、20000円OFFのキャンペーンを行います。

 

なお先着50校限定とさせていただきたますのでご注意くださいませ。

 

クーポンコードについては、まずはメールもしくはLINEでご連絡くださいませ。